Tel / 

ヴァルド派研究会

Associazione Giapponese di Studi Valdesi / Association Japonaise d'Études Vaudoises

史料翻訳活動

中世ヴァルド派関連史料の校訂と日本語翻訳を進めています。



◆選民の書 Liber electorum (1335-1350年ごろ)

pdf Liber Electorum (Ms.Dd.XV.29, Cambridge, ff.236-240) (0.61MB)

 中世ヴァルド派の歴史書の1つ。著者不明。執筆言語はラテン語および古オック語。1335年から1350年の間にラテン語版が作成され、後に一般信者向けに古オック語版も作成された。10篇のラテン語写本と、1篇のオック語写本が現存している。『コンスタンティヌスの寄進状』により、ローマ教会は教皇シルウェステル1世以降に堕落したが、教会から分離した一部の信者が純粋な福音を保持しており、その姿勢はペトルス Petrus またはワルディス Waldis と呼ばれる人物に受け継がれているという。





◆崇高な読誦 La Nobla Leiçon / La Nobla Leyczon / La Nobla Leyçon(1420年ごろ)

pdf 【翻訳】中世ヴァルド派詩編『崇高なる読誦』 (0.47MB)
(Cf.『立命館言語文化研究』, 立命館大学国際言語文化研究所, 31巻, 1号, pp.251-270, 2019年)

pdf 【翻訳】中世ヴァルド派詩編『崇高なる読誦』解説なし・対訳のみ (1.11MB)

 中世ヴァルド派の詩編の1つ。著者不明、執筆言語は古オック語(ピエモンテ谷の方言)。Cambridge (B) 写本、Cambridge (C) 写本、Genève写本、Dublin写本と、計4篇の写本が現存している。総行数や文章の形式は写本ごとに異なっており、全部で479行から492行ほどが韻文または散文で書かれていて、ヴァルド派説教師にとっての教理書としての性格を備えているという点が当該文書の持つ特徴である。その内容は、大きく6つの段落に分けられている:①終末の接近と最後の審判に臨む姿勢について(1-138行)、②モーセの登場と古い契約について(139-207行)、③イエスの誕生と新しい契約について(208-266行)、④イエスの死と復活について(267-330行)、⑤堕落したキリスト者たちについて(331-438行)、⑥神が与えた3つの掟について(439-481行)。なお、ここで紹介している翻訳は、Cambridge (B) 写本の La Nobla Leiçon (Ms.Dd.XV.30, Cambridge, ff.96b-107b) を底本としている。


nb.jpg



※ 本ページで使用している画像は、管理人自身が撮影・入手した写真およびヴァルド派文化センターからご提供いただいたものを使用しております(それ以外の画像は引用元を付記しています)



Home