Tel / 

ヴァルド派研究会

Associazione Giapponese di Studi Valdesi / Association Japonaise d'Études Vaudoises

史料翻訳活動

中世ヴァルド派関連史料の校訂と日本語翻訳を進めています。



◆選民の書 Liber electorum (1335-1350年頃)

pdf Liber Electorum (Ms.Dd.XV.29, Cambridge, ff.236-240) (0.61MB)

リヨンの貧者(中世ヴァルド派の分派の一つ)の歴史書。著者不明。執筆言語はラテン語およびオック語。1335年から1350年の間にラテン語版が作成され、後に一般信者向けにオック語版も作成された。10篇のラテン語写本と、1篇のオック語写本が現存している。『コンスタンティヌスの寄進状』により、ローマ教会は教皇シルウェステル1世以降に堕落したが、教会から分離した一部の信者が純粋な福音を保持しており、その姿勢はペトルス Petrus またはワルディス Waldis と呼ばれる人物に受け継がれているという。





◆崇高な読誦 La Nobla Leiçon / La Nobla Leyczon / La Nobla Leyçon


(準備中)

リヨンの貧者(中世ヴァルド派の分派の一つ)による詩篇。著者不明、執筆言語はオック語およびピエモンテ谷の方言。4篇の写本が現存している。全492行にわたって、終末の接近、聖書の歴史書部概観、イエスの教え、イエスの生涯と活動、忠実な教会、迫害と教皇主義者たちの乱れた生活、真の悔悟などが記されている。信者がリヨンの貧者の説教師としての基礎知識を修得する目的で作成されたと言われており、形式は詩篇だが、教理書的な性格を備えている。




※ 本ページで使用している画像は、管理人自身が撮影・入手した写真およびヴァルド派文化センターからご提供いただいたものを使用しております(それ以外の画像は引用元を付記しています)



Home